家の中には水道設備がいろいろとありますが、「いろいろとある」ということは」、いろいろな場所で「水漏れ」や「つまり」が起きることです。どんなこともそうですが、修理をするときはその状況や環境に適したやり方で行うのが正しい修理方法です。では、いろいろな場所を見て行くことにします。まず思い浮かぶのはトイレですが、言うまでもなくトイレは生活で最も大切な生活設備です。

トイレでトラブルが起きてしまいますと、家の中全体が不衛生になってしまいます。至急に対応することが必要です。トイレでの「水漏れ」が起きる原因として多いのは、タンクの中への給水をコントロールするシステムが機能していない場合です。タンク内を見ることはあまりないはずですが、蓋は簡単に取り外せますので中の構造を見てみます。

先ほど「システム」などとまるでIT関連のような難しそうな言葉を使いましたが、作りはそれほど難しくはありません。小学校の図工の時間を思い出せば理解できる程度のシステムです。トイレの「つまり」はトイレットペーパーを一度の大量に流したときなどに置きますが、一般の人ができる対処法はラバーカップで吸い上げるかワイヤー式パイプクリーナーで押し出すかです。これでダメなときは業者に依頼したほうが無難です。

洗面所もよく使う場所ですが、「水漏れ」が発生する場所は蛇口と洗面台下のトラップの部分がほとんどです。この対処法はパッキンの交換がトラップの部分を清掃することでほとんどは解消されるはずです。「つまり」の原因は石鹸のカスや髪の毛などが詰まることですが、これもトラップの部分に溜まっていることが多いので取り除くことで修理できることが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です