水漏れと言うと配管が壊れて漏れ出すイメージが多いですが、実際には、つまりが原因で発生することもあります。発生する頻度が高いのが浴室です。シャワーを浴びていたら足に違和感を感じで見てみると水が溜まっていると言う症状です。初めて見た時には何が起こっているのか理解するのに時間がかかります。

これは排水管がつまることで起きて、水が流れなくなったことによる水漏れです。お風呂は髪の毛や皮脂、石鹸や化粧などの多くの成分を含む排水が流れます。特に最近の化粧品は水に強い成分が多く、水で分解されないためつまりやすい傾向にあります。排水管のつまりは時間をかけて起きるので、思い当たる節がないことがほとんどです。

髪の毛が排水管の内壁に溜まった油脂分などに絡みついて、排水の流れを悪くします。その髪の毛に絡まるように汚れが溜まりさらに水の通過を妨げます。結果として、ほとんど流れなくなって水漏れにつながります。このような状態になるまでには、いくつかの予兆があります。

まずはコポコポと言う音がし始めることです。水が流れにくくなった状態では、水の流れと空気の排出が交互に行われることがあり、その際に篭ったような音がします。そのほかには異臭がすることで気がつくこともあります。改善のためには、髪の毛を分解する薬剤を流して通りを良くするしかありません。

もし異物が見に見えるところにあれば、直接除去することで、すぐに改善するはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です