トイレのトラブルといえば、「詰まり」と「水漏れ」の2つです。詰まりの原因で多いのは、一度に大量のトイレットペーパーを流そうとしたり、水に溶けないティッシュペーパーを流そうとすると詰まってしまうことがあります。子どもがいたずらでトイレットペーパーは大量に流してしまうこともあります。最近のエコタイプのトイレはタンクの水量が少なくなっています。

そのため詰まりが発生しやすくなっているので注意が必要です。同様に水道代を節約するために、ペットボトルの中に水を入れてタンクの中に沈めている人がいますが、これも水量が足りないことから詰まりの原因となってしまうことがありますので要注意です。トイレの水漏れで難しいのは、複数個所から水漏れ発生の可能性があることです。可能性のある個所を挙げると、「便器の中」「便器の外・便器と床の間」「タンクの中」「給水管やパイプ」「ウィッシュレット」などです。

この中で比較的簡単に修理可能なのが、水を流したあと、いつまでも水が止まらず便器の中に水がじわっと流れ続けるものです。よく耳を澄ませると、タンクの中で水が流れている音が聞こえることもあります。この原因はボールタップの劣化です。ボールタップとは、タンクにある蓋の役割をしているボール状のもので、レバーを引くと持ち上がり水が流れ、タンク内に新しい水が溜まってくると、重みで再び蓋をする仕組みになっています。

ゴムでできているので経年劣化を起こすと、水漏れが発生します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です