水道詰まりの原因は石鹸カスや油汚れ、髪の毛や固形物になり、詰まる場所はキッチンの排水溝で起こる頻度が高いです。水道詰まりの修理は、道具があれば自分でも行える簡単な方法があります。水道詰まりの修理で最も一般的に使われている方法は、ラバーカップで修理する方法です。ラバーカップはスッポンとも呼ばれていて、ホームセンターなどで安く販売されています。

ラバーカップの使い方は、まず排水溝に隙間がないようにピタリとかぶせます。その後ラバーカップのゴム部分が半分ほど水が浸かる程度に水をためます。そしてゆっくりと押し、詰まりを引き抜くイメージで力をこめて引きます。その作業を数回繰り返して行うと、ゴボッと詰まりが取れたような音がします。

その音が詰まり解消のサインになります。ラバーカップの注意点として、押し込むイメージではなく引っ張るイメージで使用すると効率よく使うことができます。ラバーカップの他には、重曹を使う方法も詰まり解消に期待できます。重曹は、油汚れや石鹸カスに対して効果を発揮し、消臭効果があることでも知られています。

重曹の使い方は、重曹を詰まりがある場所にまんべんなくかけます。その後お酢またはクエン酸を泡が立ってくるまでかけ、30分から1時間ほど放置します。時間を置いたのちに、ぬるま湯を流せば詰まりの修理ができます。重曹を使う時の注意点として、重曹とお酢やクエン酸が混ざる時に強いアルカリ性が発生するため換気を行いながら作業することと、排水管を痛めないように最後のお湯は熱湯を避ける必要があります。

岡山のトイレの水漏れのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です