浄水器は、水をフィルターによってろ過し、不純物を除去・浄化する装置のことです。近年、家庭用の製品の人気も上昇しています。家庭用浄水器の売り上げランキングには、パナソニックや三菱ケミカル・クリンスイ、東レ・トレビーノなどいずれも大手メーカーの製品がランクインしています。しかし、ランキングに左右されず、自身の生活スタイルのあった家庭用浄水器を選びたいですね。

家庭用浄水器を選ぶポイントには以下のようなものがあります。まず、設置方式には、蛇口取付型・据え置き型・アンダーシンク型があります。蛇口取付型は設置が簡単で、安価な商品が多いです。ただ、カートリッジのサイズが小さく、交換頻度は高いです。

据え置き型は、設置スペースが必要ですが、大型フィルターを搭載できるので、ろ過能力が高い製品が多いです。アンダーシンク型は、設置するのに工事が必要な場合もありますが、シンクの周りを散らかしません。また、浄水の性能で選ぶ事も可能です。水をろ過してくれる部分「ろ材」の種類に着目します。

ろ材には、安価な一方で頻繁にフィルター交換が必要になる活性炭や、不純物をほとんど取り除いて純水を作ってくれる逆浸透膜など多種類あります。浄水器に欠かせないフィルターカートリッジは、それぞれ効果の持続期間が異なるので、その点に気を付けて選ぶようにしましょう。分解方法によって得られる水の種類も異なります。水道水をフィルターでろ過して、余計な塩素やカビ臭などを除去してくれる浄水機能に加えて、カルシウムなどのミネラルを水に添加してくれるものもあります。

また、水酸化物イオンや水素が多く含まれるアルカリイオン水や洗顔や洗い物などに適した酸性水を生成してくれる製品も。ランキングを参考にしながら、家庭にあった製品を探してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です