女性美容皮膚科医が設立したロダン&フィールズ

摩擦の少ないクレンジングゲルは肌に優しい

クレンジングを使うときは、少しでも肌に優しいものを選ぶことが大切です。肌が強い刺激を受けると、バリア機能が壊れてしまうので、乾燥や紫外線に弱い肌となり、ニキビや吹き出物が出来やすくなります。肌の老化も進行しやすくなるので、しわやシミのない、なめらかな肌を保ちたいなら、クレンジングゲルを選びましょう。クレンジングゲルは吸着性が高いうえ、肌になじみやすいので、余分な刺激を与えなくて済みます。

摩擦による肌への負担が軽減できるので、敏感肌の人でも安心して使うことが出来ます。クレンジングゲルには、水性と油性のタイプがあり、水性タイプには、オイルフリーとオイルインとがあるので、計3種類が存在しています。オイルフリーの水性タイプは、ナチュラルメイクを落としたいときに向いているクレンジングで、洗い上がりがさっぱりしているのが特徴です。市販されているクレンジングゲルの中でもっとも多いといわれるのは、オイルインの水性タイプです。

オイルインの水性タイプは、界面活性剤に少量の油分が配合されているクレンジングで、メイクを落としやすいのが特徴です。メイクが落ちやすいうえに、さっぱりとした洗い上がりなので、使い心地が良いのが魅力です。油性ゲルタイプは、オイルをゲル状にしたクレンジングなので、濃いメイクでもしっかり落とすことが出来ます。リキッドファンデーションや、ウォータープルーフのマスカラなどもしっかり落とせるほど洗浄力が強いですが、ゲル状なので、クレンジングオイルに比べると、肌への摩擦が少なくて済みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です