女性美容皮膚科医が設立したロダン&フィールズ

クレンジングゲルを効果的に使う方法

ドラッグストアには多くのクレンジングが売られています。持ち運びが便利なシートタイプをはじめ、オイル、ジェル、ミルク、クリームなどがあるため、どれを買ったらいいのか悩むという人も少なくありません。クレンジングゲルは肌馴染みが良いので、肌に負担をかけずにメイクを落とすことができるアイテムです。使い心地がサッパリとしているので、愛用者も多いかと思います。

クレンジングゲルの効果を高めるには、正しい使い方を理解する必要があります。まず最初に注意したいのが、使用量です。クレンジングゲルの1回の使用量は、さくらんぼ1つ分が目安になります。少なすぎるとメイク落としの効果が減ってしまううえに、肌を強くこする原因になってしまいます。

逆に多すぎると、クレンジングゲルが肌に残ってしまう可能性があるから注意しましょう。ゲルを使用する時は、乾いた手に取ることが大切です。さらに、手のひらでゲルを温めることも重要なポイントです。温めたゲルなら、顔につけた時に肌への負担を減らすことができます。

それに加えて、ゲルを温めればゲルの水分を蒸発させることができるからです。ゲルの表面の水分を飛ばし油分にすることで、メイクと馴染みやすくなります。ゲルを顔につける前に水分を飛ばしておけば、クレンジング時の刺激を大幅に減らすことができるからおすすめです。クレンジングゲルを顔につける時は、目元や頬など皮膚の薄い箇所を最後まわすようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です